1964(昭和39)年3月、当時は柏木という地名の現新宿区西新宿にて創業。以来この地を離れず高層ビルが林立する現在までの社会・世相の変貌を見つめながら出版活動を続けてきた。
当初より人間を総合的にとらえる人間学としての科学に寄与する書物の刊行を意図し、小部数出版の道を歩みつつ52年、哲学・心理・教育・社会福祉・保健・医療・社会学などの分野にさらに生物学・農学を加え、総発行点数は800点を越え今日に至っている。2002(平成14)年8月に,営業・流通部門を鳩ヶ谷市(現・川口市)に分離・移転した。
きょうの1冊
ソーシャルワーク基本用語辞典
日本ソーシャルワーク学会 編
このわが国初のソーシャルワーク基本用語辞典は、日本社会福祉実践理論学会から日本ソーシャルワーク学会へと名称が改正されたのを機に編まれた。
従来のソーシャルワークを基本にした専門用語辞典として、ソーシャルワークに関連の深い福祉原理や制度用語、新しく登場してきた専門用語などを加え、ソーシャルワークにとって必要とされる基本用語を収録した。
社会福祉士・介護福祉士の資格や福祉専門職を目指す学生・現場従事者のための必携の書。
A5判上製 234頁 ISBN978-4-7610-0895-6 2013年6月刊行 定価(本体2,800円+税)